福祉施設との関係

福祉施設との関係

私たちコノエのオリジナル商品であるMICパックのパック詰め作業や、 ノブスターの箱詰め作業、各お得意先様から頂くセット作業をメインとなって行って頂いているのが福祉施設です。

福祉施設との関係は、さかのぼる事35年。昭和52年からご協力を頂いております。 当初はMICパックの中でも入り数の少ない物(20個くらいまで)を依頼しておりましたが、 最近では数量の多い物や、少し複雑な袋詰めも行って頂いています。

これは、福祉施設の利用者様に“社会復帰”して頂きたいという想いがあるからであり、 担当者が何度も作業所に足を運んで、共に勉強し、改善に取り組んできました。

はじめこそ間違い等でトラブルもありましたが、職員の方からのお話で、 『利用者の中には、仕事を貰えた喜びで、嬉しくて泣かれる方もいるんですよ』と聞き、 共にトラブルを解決していき、協働していく道を選びました。今では逆に仕事の方法を教えて頂くだけでなく、 普段当たり前の様で、忘れている仕事をする喜びまで思い出させて頂いています。

私たちコノエは、自立支援福祉施設と 利用者皆様の“自立に貢献する”ことを目的としてこれからも関係を育くんでいきます。