ネイル誕生の由来

ネイル誕生の由来

昭和40年代のはじめ
日本列島改造論が始まろうとしていたころ
車社会の到来による道路建設と相まって測量という仕事が急速に伸びようとしていました。

コノエもねじの卸商社として着実に認知度を深め事業規模を順調に拡大し始めていた頃です。
創業者、河野栄が測量業を営むある知人から相談を受けました。

「こんな物できませんか?」
「こりゃ一体何ですか?出来ないことはないが・・・」
「測量に使うものです」
「測量に・・・しかし測量用としてはお粗末ではありませんか?
 もう少し精度の高い物を考えますか?」
「いえ、これで十分です」
「十分でしょうが、測量という観点からもう少し良い物を作ってみたいです」

こうして、従来の釘に工夫を付加したサンプルが完成しました。
精度あるプラスの切り込みを持つ鋲、胴体にローレット加工することで
曲がらず、折れずに道路に打ち込みやすい鋲、打ち込んだら抜けにくい鋲でした。

それが日本初の測量専用鋲誕生の瞬間でした。