JIS(日本工業規格)

JIS

同じ形状・同じ質量をもった商品の製品特性を統一し、製造会社が代わっても、支障なく使用できるようにと規格された鉱工業品を指しています。
コノエ測量事業部大阪が認証取得を目指している「JIS B 7914-2(標識くいー第二部:金属びょう)」としてJISが制定されており、現在 JISマーク表示制度認証取得に向けて準備中です。 ISOが認証会社へ与えられる品質マネジメントシステムなのに対し、JISは製品個々に与えられるのがJIS(日本工業規格)です。

JISと一口に言っても下記に示すように業界毎にアルファベッドで分類されております。

  • JIS A (土木建築)
  • JIS B (一般機械)
  • JIS C (電子機械・電気機械)
  • JIS D (自動車)
  • JIS E (鉄道)
  • JIS F (船舶)
  • JIS G (鉄鋼)
  • JIS H (非鉄金属)
  • JIS K (化学)
  • JIS L (繊維)
  • JIS M (鉱山)
  • JIS P (パルプ及び紙)
  • JIS S (日用品)
  • JIS T (医療安全器具)
  • JIS Z (その他)

では、測量業界におけるJISについてご説明致しましょう。
JIS B 7914-2(標識くいー第二部:金属びょう)として 先ず、商品の形状は、①かく型 ②面取りかく型 ③球面丸型 ④平面丸型の4タイプのみで、
①かく型は、平面の貼付・BTタイプを言い 主な材質はアルミ製です。
②面取りかく型は、真鍮M-14Bやアルミダイカストシリーズ化のMV系等商品表面に面取りが施されている商品を指します。
③球面丸型は、従来の基準鋲と呼ばれております真鍮φ30~真鍮φ100までの鋲を指しております。
④平面丸型も真鍮φ30~真鍮φ100までのフラットタイプを指しております。
それでは寸法規格の説明をさせて頂きます。

かく型・面取りかく型 寸法規格

かく型・面取りかく型 寸法図
①かく型 単位(mm)
辺長D 厚さH(許容差 ±0.3)
許容差 +1 2 3 4 5 10
0
30 -
35 -
40 -
45
50
注記 ボルト付き形は、H=10のみ。
②面取りかく型 単位(mm)
辺長D 厚さH(許容差±0.3)
面取り寸法(許容差±1)
許容差 +1
0
45 H 3 4 5 10
F 3 4 5 5
50 H 3 4 10 10
F 3 4 5 10
注記1 E=D-2F
注記2 ボルト付き形は、H=10のみ。

球面丸形及び平面丸形寸法規格

球面丸形及び平面丸形 寸法図
直径D
(許容差±0.3)
厚さH
(許容差±0.2)
中心線長C
30 8 5以上
50 10 5以上
60 10 5以上
63 10 5以上
75 10 10以上
80 12 10以上
100 15 10以上

上記のようになっており、寸法規格に該当が無ければ、測量明示業界におけるJIS製品としては、認められておりません。 また、球面丸型や平面丸型などで、表面に十字(中心線)が彫刻されていない商品も寸法規格が合致していても、JIS製品として認められない決まりになっております。 詳しくは、JIS規格票 JIS B 7914-2 (標識くいー第二部:金属びょう)を確認して頂くか、弊社までお問い合わせ下さい。

※尚、JIS認証取得後から生産された商品には、JIS表示が許可されております。今暫くお待ち下さい。

株式会社コノエ 測量事業部

TEL: 06-6747-6051   FAX: 06-6747-6053